2006年06月06日

文学少女☆

image/aokurage-2006-06-06T21:09:23-1.jpg
今日は 午後から図書館に行ってましたw

最近何故か ふっと、読みたくなって
こういう、教科書に出てきたみたいな 日本文学!

昨日はゼミの後で、田山花袋の「蒲団」読んでました。

今日は昼過ぎからがっつり
坂口安吾の「白痴」「桜の森の満開の下」に始まり
太宰治「佐渡」そして「人間失格」の途中で
お腹が空いて帰宅(笑)

借りてきました。
帰りがけに何となく近代文学コーナーを見たら
大好きな嶽本野ばらさんの本があって吃驚。「エミリー」だったかな
え、嶽本さんの置くならまず「世界の終わり〜」でしょ?

あとまだ、北原白秋の「邪宗門」とか
いろいろ読みたいのです。図書館は宝の山だw

何で私4年生なのかなー;

今頃になって いろいろ目覚め過ぎて…ぎゃふん。

じ、時間が欲しい〜;!!!

にほんブログ村 大学生日記ブログへ←参加してみました♪宜しければクリックをば…
posted by ことの at 21:09| Comment(7) | TrackBack(0) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
俺は,高校生の時に夏目漱石を読みふけって,大学生の時は村上春樹を読んだかな。
今思うと,学生の頃が一番小説を読んだ気がする。
今でも,村上春樹は読むけど,感じ方が違うんだよねぇ。。。
Posted by ひろ at 2006年06月07日 00:51
わかるわかる〜〜!
YOMEも大学で一番多く読んだかな〜。
通勤時間も長かったしね。
でも人間失格は、受験のときに読んで、勉強イヤになった記憶が・・・。
Posted by YOME at 2006年06月07日 03:01
>ひろさん

私は今まで、あんまり こういう
如何にも文学!ってのは読んでなかったのですよね〜(;^−^A
今頃になって成長段階がここまで達したようです。遅いよ…

>YOMEさん

わぁ!読んじゃった;!! >人間失格
否 でも、こうして読んでること自体
専攻の勉強から逃げてることかもです…orz

やっぱり、学生時代が一番 読書とか出来る時期なのですね〜
もっと早く読めればよかったのに;
Posted by アオクラゲ at 2006年06月07日 22:15
また読める日が来るさ〜〜。
YOMEは100歳まで生きるつもりだし!

クラゲちゃん、YOMEお引越ししたの!
http://yomecafe.blog61.fc2.com/
です。
リンク貼ってくれててありがとう!
よかったら、お手すきの時に張替えてくれたりすると嬉しいです。

これからもよろしくね〜〜え!
Posted by YOME at 2006年06月08日 21:55
>YOMEさん

あぁ!!
貼替えてなくてすみません><;
お引越し先の挨拶も…;;

こちらこそ これからも
宜しくお願いいたします(-人-)
Posted by アオクラゲ at 2006年06月08日 22:52
はじめまして。
彷徨っていたら辿り着きました。
嶽本野ばらさん私もだいすきです。図書館もすきです。なんだか親近感がわいたのでコメントしていきます。
お邪魔じゃなければまた拝見しにきたいと思います。
Posted by カタギリ at 2006年06月09日 23:30
>カタギリさん

初めまして いらっしゃいませ☆
辿り着いていただいて ありがとうございます(-人-)
図書館、良いですよね。あの静かな秩序が大好きです。
ご飯ブログですが 宜しければ
是非またいらしてくださいましw
Posted by アオクラゲ at 2006年06月10日 18:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。