2005年08月03日

温玉できた!?

image/aokurage-2005-08-03T21:36:50-1.jpgこの白身の固まり方は!
まさしく温泉卵!?

うそん。本当にご自宅で出来ちゃいました!?
しかも、温度管理の必要なし!
普通何処のご家庭にもある電化製品で!

何でしょう?
何だと思います??


正解は炊飯器

じゃじゃーん。
最近炊飯器で炊飯以外のことをするのが流行ってますが、こんな所まで!?


そもそも、温泉卵というものを作るには、70℃?位の温度を一定時間保ってやれば良いのだそうです。
で、炊飯器の保温状態での温度は70〜80℃くらい?だったかな。なんだそうで。
ということは、保温状態の炊飯器に卵を放り込んでやれば、理論的には出来る!!
…らしい。

昨日はご飯を炊いたので、半信半疑で生卵を投入してみました。
(ひとりだから毎日炊く必要はないし、炊き上がったら冷凍保存しているので常時保温状態にはないのです。ちゃんと毎日ご飯は食べてますよ!)
待つこと60分。

とりあえず冷蔵庫に入れておいて、今日のお昼に恐る恐る割ってみました。
こ、この白身の固まり方(以下略)


でも、60分だとちょっと黄身が固まってしまっているかなー。
今度は50分とか、40分とかでも実験してみようと思います。
余熱も曲者かも。どうするか…

しかし、黄身が固まっているとは言ってもやっぱりこれは温泉卵な固まり方ですよ!

ゆで卵とは、しっとり感が違います。
しとっ、ねとっ…って感じ?

感動。
これで、いつでも温泉卵が食べられる…安価で


ちなみに写真はえのきのなめたけ風と一緒にご飯に載せて、丼っぽくした本日のお昼ご飯でした☆
温泉卵っていうだけで、なんだかグレードアップな気がしますね!(笑)
posted by ことの at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 自分で作る・ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

お約束

image/aokurage-2005-08-02T20:53:18-1.jpg言わずと知れた、きゅうりの大定番☆
きゅうりをなるべく薄く切って塩を振り、しばらくしてしんなりしたところを、きゅっと絞ってやるものです。

きゅうりだけでは寂しいかと思って、戻したわかめも入れて絞ってみました。
酢の物コンビ♪
今日はそのままですが。

やっぱり、ぱりぱりして美味しいですねv
わかめのしこしこした歯ざわりとの相性も良いです。

買い物に行ったとき、見知らぬおばあちゃんが「きゅうりもみには、このくらい大きいのが美味しい」と言っていたのを小耳にはさんで、ばっちり影響(洗脳?)されちゃいました(笑)


最近お料理記事が続いていますね…
こいつ、本当に勉強してんのか!?って思ってやしませんか?

してますとも

一応。
半分くらいは逃避してますが(駄目じゃん)。
今日だって、ずっと論文読んでたんだから!

常識が違う人って、こういう人を言うのだなぁ…
論文の筆者に対して真剣にそう思います。
お願いだから、理解しやすい日本語で書いてくれ!!(泣)

日本語が書いてあるのは分かります。
語句の意味も分かります。
でも、文の意味が分かりません。

自分が全然駄目な子になった気分を、心行くまで味わえるこの時期が私は早く過ぎ去ってくれればいいと思ふ。




だから、お昼ご飯にキムチ納豆焼きそばなんて新しいものに冒険しちゃったりするんだよ。

あ、引いちゃいやん。

キムチチャーハンも納豆チャーハンも普通に聞き流せるのに、二つが合わさって、しかも焼きそばになっちゃうと途端に異様な空気がかもし出される気がするのは何故なのでせう…
否、そんなにおぞましいものでは、決してないです。
想像以上に美味しかったです。
posted by ことの at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分で作る・ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

胡瓜と卵の炒め物

image/aokurage-2005-08-01T20:54:34-1.jpgきゅうり、炒めちゃうんですか!?
炒めちゃうんです。

中国では馴染みの調理法みたいですが、日本では割と斬新ですよね;
郷土料理としては存在するらしいですが。
私的には、結構恐る恐るの挑戦でした。

美味く調理すれば美味しいことはわかっているけれど…

緊張の一口目。
ぱくり。

こ、これは!?


ぱり、ぱり、ぱり。

さっきまでしなびかけていたきゅうりから、何とも小気味良い音が!
ぱりぱり感復活!!

美味しいよ、加熱きゅうり!
恐れていた青臭さもナシ!!
生よりもむしろ歯ごたえがあって、卵のふわふわとの食感の違いもまた面白いし。


作り方

きゅうり1本は板ずりして乱切りにし、適当に種を取ります。
あまりに水っぽいと思われる部分だけで良いと思います。

調味料は、甜麺醤を酒で溶き伸ばします。各小匙1。だけ!!醤は偉い!
甜麺醤が無ければ、味噌と砂糖でも良いかと。
甘めの味噌味です。

卵1個は溶きほぐす。

準備完了☆

家庭料理!って感じですね!!

あとは、よく熱したフライパンに油をひいてきゅうりを炒め、調味料を加えて絡めて卵でまとめて出来上がり!!
卵の絡み方が上手くいかなかったのは、きゅうりが大きすぎたせいかしら…;


ぱりぱりぱりぱり。
美味しいなぁ、加熱きゅうり。
温かいきゅうりなんて気持ち悪いなんて言っていると、損しますよ。

あの青臭さが嫌いとか言う人にもオススメかも。
きゅうりの調理法に困ったときには、是非お試しくださいまし♪



てゆうか、甜麺醤て美味しいですね。
posted by ことの at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分で作る・ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

きゅうりがあったら♪

image/aokurage-2005-07-30T20:37:53-1.jpg我が家では、きゅうりを見たら大抵これです。
スライスしたきゅうりに、市販のほぐしてあるカニカマをどでんと。
簡単、美味しい♪

家族はマヨネーズをかけていましたが、私はそんなにマヨネーズが好きではなかったのでひとりそのまま食べていました。
そのスタンスは、今も変わらず。

カニカマの旨みで、きゅうりがたくさん食べられますよ!
何だかうちの母上はこのカニカマのメーカーにもこだわりがあるらしく。
「浜○番っていうのが良いの!」

…好みの味なんですね。
何処のでも構わないと思うのですが、このサラダを作るときには、何となくこの製品を買ってしまう自分がいます(笑)


お昼に…
posted by ことの at 20:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 自分で作る・ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

カリフォルニア!?丼

image/aokurage-2005-07-29T20:22:30-1.jpg無駄に可愛らしく盛付けてみました(笑)
先日買ったアボカドが良い感じに完熟したので、今日のランチは冷凍してあったお刺身用サーモンと一緒に丼飯!
確か、カリフォルニアロールってこの組み合わせでしたよね。


作り方

半解凍したサーモンを食べやすく切って、オリーブオイルとお醤油各小匙1で軽くマリネしておきます。

その間にアボカド2分の1個をサーモンと同じくらいの厚さにスライスして、レモン汁をかけておきます。変色防止と、多少は味付けも?

それらを、丼に盛ったご飯の上にどどんとのっけて出来上がり!
お好みで山葵を添えて☆


今回はアボカドとサーモンを一枚ずつ交互に並べてみました。
え?現実逃避?そんな暇があったら勉強してろ??

人間は逃避する生き物だ

でも、こうすると見た目に可愛いだけじゃなく、アボカドとサーモンとご飯を一緒にお口に入れることが出来ます☆(別にしなくても出来ますが…)

アボカドがとろっとして、サーモンと合う合う!!
山葵をのせると、つーんとして、これもイイ!
お寿司じゃなくても十分美味しい!

カリフォルニアロール自体は食べたことがないですが、サーモンとアボカドの組み合わせは良いですね♪
山葵醤油で食べるだけあって、魚との相性が良いのでしょう。アボカド。

前に食べたときは青臭さが気になったのですが、今回はそんなこともありませんでした。
定番ですが、アボカド入門編にはやっぱりこんなのが良いですよね^^

今日は…
posted by ことの at 20:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 自分で作る・ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

かぼちゃの食べるポタージュ

image/aokurage-2005-07-27T20:56:27-1.jpg旬ですね♪
何となくで作ったら、とっても美味しかった!
甘くてまったりで、まるでクリームのようですvv

作り方。

まずは、かぼちゃをレンジで加熱。
量は測っていなかったのですが、130gくらい?
後でつぶしやすいように、極柔らかにします。

うちの500wのレンジで、今日は4分加熱しました。
長かった?まあ、加熱が足りないよりは多い方が良いのです。

それを、熱々のうちにフォークで潰す!
ミキサー不使用!食べるポタージュの所以ここにあり!(笑)

よく加熱しておくと、簡単にペースト状になります☆
潰しながら、味噌小匙1弱も混ぜて味付け。
うちは今日から新しい味噌で、信州産田舎味噌です♪
美味しい市販味噌模索中。でも、所詮ひとりなのであんまりたくさん試せない…

かぼちゃが潰れたら、豆乳(無調整のもの)150ccを少しずつ加えて伸ばします。
溶き伸ばす感じで。結構底の方に固まりやすいので、見逃さずに(笑)

均一に混ざったら出来上がり♪
夏だし、このまま冷製で。


皮の部分の緑がぷつぷつ見えるのもご愛嬌。
浮き身です(笑)

最近ビタミンが足りないかなーとか思っていたので、この分量を全部一人で食べちゃいました。
満足満足。

本当はうちのシナモンをたっっぷり利かせたサラダが食べたくて買って来たのですが。
それはまあ、今度で良いか。まだ余りもあるし?
たくさん食べて、たくさん買ってくれば良いか(笑)
posted by ことの at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分で作る・ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

豆乳deホワイトソースドリア

image/aokurage-2005-07-20T19:58:58-1.jpg私も作りました!
はなさんkotobuさんの所で紹介されていた、ノンオイルホワイトソース☆

ただし、何事かオリジナリティーを見せなくてはならぬかと思ってちょっぴり変化球(にやり)。
とりあえず、作り方をご紹介いたします♪


★☆☆★☆☆★☆☆


まず、豆乳100ccを用意。
そこに、小麦粉小匙山盛り1、鶏がらスープの素小匙4分の1程度、粒マスタード(!?)小匙1を加えてよく混ぜます。

グラタンに粒マスタードって、あまり無いですよね?
ネットで見かけたアイディアです。
好みによると思いますが、風味が付いて面白いです。辛味は飛んでしまっているかな。。
勿論、入れなくてもOKです☆

だまがなくなるように。しっかり混ぜてください。←これは重要!

さて、ここで、先のお二人はトロミが付くまで火にかけていらっしゃるのですが。
ものぐさは計量カップを手にして何を思ったか。

(面倒くさい…)




…チン♪


(笑)。
30〜40秒くらいずつレンジで加熱してみました☆
お使いの機種にもよると思いますが、私の場合は3回。
加熱が終わるごとにかき混ぜて、トロミが付くまで繰り返します。
最初は大丈夫ですが、吹き零れる恐れがありますのでご注意くださいまし。

この計量カップ、レンジにかけられるのではと思ってはいたのですが、やっぱり大丈夫でした。
う〜ん、愛いやつよのお(笑)。

こうして出来たホワイトソースを、グラタン皿に入れたご飯の上にとろ〜っと。
とろけるチーズを載せ、黒胡椒(好きvv)をがりがりひいて、グリルで美味しそうな焦げ目が付くまで焼いたら、召し上がれレストラン


美味ーーーーー!!
ホワイトソースって美味しいですね!
とろりとしてなめらかで、口当たりが愉悦の境地ですよ!

この作り方だとお手軽なだけでなく、ホワイトソースにありがちなくどさが無くて本当に美味しい。
今日はドリアですが、パスタや野菜でも美味しいだろうし、グラタンにしなくてもそのままクリームソースでもいけるのではなかろうか。


嗚呼…良い方法聞いちゃったvv
kotobuさんに大感謝です黒ハート
posted by ことの at 19:58| Comment(7) | TrackBack(1) | 自分で作る・ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

冷やし中華、始めました。

image/aokurage-2005-07-19T20:59:28-1.jpg
彩りが乏しいなんて言っちゃ駄目!
所詮一人暮らしなんだから!!

あんまり色々買えないのです(泣)
どうしてこんなに食材の減りが悪いかなぁ…


本日の冷やし中華は、特別仕様です(笑)。
具は貧相にも半熟玉子にもやしと中華クラゲですが;
なんとこの麺が!

焼きそば用蒸し麺なのだ!!

じゃじゃ〜ん。

びっくり?
いつも斬新な発想を見せてくださるarincoさんのアイディアです。

焼きそば麺はレンジでチン♪して水洗い。
あとは、普通の冷やし中華と同様です。お好みの具を載せてタレをかけるだけ☆
ちなみに、今回タレは醤油小匙2、黒酢小匙1、砂糖小匙1、ごま油小匙1弱を混ぜて作りました。
添付されてないですから(当たり前)。

タレは、この分量だとちょっと酸味がちで量も少ないかな。
具が味付きの中華クラゲでしたしね^^;


注目の麺のお味は…
ちょっと茹で過ぎた感じ?

レンジにかける時間が長かったかしら?
元が焼きそば麺というのもあるでしょうが;
否!でも、無問題です!!

だって、冷やし中華麺198円に対して焼きそば麺98円ですよ!?



まぁ、一人暮らしの知恵としてこんなのもアリかなーと。
焼きそば麺は冷凍もききますが、これからの季節はやっぱり冷やし中華も食べたくなりますものね。
この方法を使うと、わざわざ麺を2種類買ってこなくても両方できるよ!

arincoさん、グッジョブです!!
posted by ことの at 20:59| Comment(4) | TrackBack(1) | 自分で作る・ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

新ショウガ

image/aokurage-2005-07-17T20:16:50-1.jpg

甘酢漬け、仕込みました♪

作り方は、まず、水4分の1カップ、砂糖30g、塩小匙2分の1を火にかけて煮溶かし、冷めた所に米酢100ccを加えて甘酢を作ります。
新生姜170gくらい?は薄切りにしてさっと湯通し。
冷めたら、両者を合わせて作業完了です☆
明日か明後日には、漬かっているかな?


近所のスーパーで新生姜が安いのが今日までだったので、一念発起してみました。

何を隠そう、うちは家族ともども、お寿司屋さんに行ったらがりまできれいに食べ尽くす!むしろがりだけ追加ください!ってくらい、こいつが好きなのです(笑)。
(否、本気で注文したりはしませんけど;)

梅の方はまごまごしているうちにスーパーから姿を消してしまいましたが。
こっちはやった!
とうとう自作してやった!!

薄切りにするときはスライサーも使いましたが、うちの安っぽいスライサーじゃあ、自分で切った方が薄いじゃん=3
ふっ、勝ったな(得意気)。

新生姜って、漬けただけでうっすらピンクになるのですよね。
初めて知ったとき、すごくびっくりしました。
何処にそんな色素を隠し持っておるのだこやつは!?

今回も、可愛いピンク色にしたくてわざわざ米酢を買って来たのに(普段は何にでも黒酢…)、砂糖がブラウンシュガーだったのでやっぱり若干黒めです↓
良いもん!それでも、黒酢よりはピンクだもん!!

いろんなレシピを見て自分なりに悩みながら配合してみましたが、合わせ酢を味見した感じではそこそこそれなりのものができるのではないかと…
楽しみであります^^

目指すはあのお寿司屋さんの味!?(無理)
posted by ことの at 20:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 自分で作る・ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

さつまいもとゆで卵のカレー

image/aokurage-2005-07-09T20:23:57-1.jpg…美味い。

ずっと、カレーを作りたかったのです。
ルウから。

ええ、ひとりぽっちで無駄に張り切ってますが、何か?

だって今朝、一晩中続いた宴の二次会より帰宅してふと見たら、さつまいも君がすくすくと芽を伸ばしていたのですもの!
そりゃあもう、インテリアとして活けようかしら?という程に。

違う!
私は観賞用として君を購入したわけではないんだ!!

ようよう一念発起して、冷蔵庫で眠っていたゆで卵ズと共にカレーに作ってやりました。
初めての、ルウから手作りしたとろとろカレー。

二食分の、材料と作り方↓
さつまいも(大2分の1本)は、1cm厚さくらいの輪切りにして水にさらします。
玉葱(小2分の1個)は薄切りにし、多めのサラダ油で炒めます。
しんなりしてきたら、薄力粉、カレー粉(各大匙1)を投入!
鍋底にくっつきます!(笑)
油が少なかった!?

本当なら、粉類を入れる前に油を足したりするのかもしれないです;
しかし。
最近ストレスを言い訳に、一晩でオールアップル一袋を食べ尽くすなどという愚行を重ねている身としては、極力エネルギーを抑えたいところ。
そこで、急遽水を少々注いでこびりつきを剥がそうと試みました。

だまになります(笑)。←よく考えたら、当たり前?
適当に溶いて、炒めることは諦め、水気を切ったさつまいもと、殻を剥いたゆで卵を投入。
予め合わせておいたソースも注いでしまう。

ソースは、ヨーグルト・トマトジュース(各2分の1カップ)、塩(小匙2分の1)、ニンニク・生姜のすりおろし(多めに。手を抜いてチューブ入りのものを使用。それぞれ小匙3分の1くらいかな?)、蜂蜜(大匙1弱)を混ぜ合わせたものです。

あとは、時々混ぜながら、15分ほど煮込み、さつまいもが柔らかくなってくれたら完成☆
今日はちょっぴり気取って、玄米ご飯にレーズンなんぞ散らしてみました♪

カレーのご飯にレーズンとかサフランライスって、なんだか嬉しいですよね?


そこはかとなくフルーティで、ちょっと変わった、美味しいカレーになりました♪
結構色々な具材で応用が利きそうです。
そもそも、もとはチキンカレーのレシピでしたから(笑)。

とりあえず良かった。
さつまいも君、観葉植物にならなくて(笑)。
あと半分は、どうしようかなー…
posted by ことの at 20:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 自分で作る・ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

今日はお弁当

image/aokurage-2005-06-30T22:54:24-1.jpg作り置き詰めただけですが…

玄米ご飯と梅干。すっかりお気に入りのめんたいしらたき。お正月でも無いのに黒豆様と、キャベツの煮びたしです。
posted by ことの at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 自分で作る・ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

人参ポタージュ

image/aokurage-2005-06-27T20:30:38-1.jpgここのところ、冷蔵庫の食材消費に必死です。
最近、ついつい買いすぎてしまうもので;
今日は、状態を口にするのも恐ろしい人参君を救済すべくポタージュスープにして差し上げました。

とはいえ、思い切り手抜きポタージュ。
なんと言っても、材料は人参と牛乳とブイヨンキューブのみ!えへ;;

薄切りにした人参(1本分)を鍋に入れてひたひたより少し多めに水を加え、ブイヨンキューブ(1個)も入れて柔らかくなるまで煮ます。
あら熱を取ってミキサーにかけ、牛乳で伸ばして出来上がり。

牛乳は、濃度を調整するために。お好みで調整して下さい。
私はぽってりが好きなので、100cc入れませんでした。80ccくらい。
予想以上に人参を茹でた時の水分も残っていたし。
もう少し少なめで良かったんだなぁ。。。

このままだと、もう一味欲しい感じです。
玉葱とか、本来入るべき人参以外のものが入っていないので少々人参臭いし;
胡椒とか、シナモンなんかのスパイス。
バターや生クリームでコクをプラスしても良いかも。

今回、牛乳を入れた後で温めないで冷製で頂きましたが、やっぱり暖かいほうがこれは美味しい。と思う。


ポタージュって、その気になれば簡単に作れるんですよね。
いんちきだけどさ=3
posted by ことの at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分で作る・ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

人参の玉子とじ

image/aokurage-2005-06-24T21:11:37-1.jpg大成功♪

何が成功かって、この澄んだスープ。
上手に出来た証らしいです。土井先生が言ってました(お○ずのクッキング)。

作り方というほどもないですが;
半カップくらいの水を煮立てて、酒、みりん各小匙1杯くらいを加え、千切りにした人参1本分も加えて少し煮ます。
しばらくしたら、醤油小匙1くらいも加える。
一応甘味のものから入れていますが、調味料は全部一緒に入れても構わないと思います。

ここからがポイント!
火加減を調節して、弱い沸騰状態にします。
その、ぷくぷくと小さく沸いているところ目掛けて溶き卵を投下。
沸いているところ沸いているところと、探しながら。

卵が全部入ったら、火を止めてしまう。
まだ卵はほぼ生のままで。余熱仕上げ☆

すると、このように!
まるでスープを別に張ったかのような美しさ!?
何か嬉しい。

味付けはとっても薄めでした;
でも、人参の甘味が味わえてなかなかです。
塩味でも良かったかも?


今日はこれに、ふと思い立って玄米小豆粥を炊いてみました。
普通のお粥より時間はかかりますが、結構簡単に炊けるんだなあ。。

しかし、こちらは調味しなかったのでちょっと病院食みたいな献立に;;
そうだ!梅干を乗せれば良かった!!
posted by ことの at 21:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 自分で作る・ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

新ジャガの胡麻味噌和え

image/aokurage-2005-06-15T20:00:33-1.jpg 甘辛で美味!!

みりん25ccを煮切り、砂糖大匙1、醤油大匙4分の3、黒すり胡麻4分の1カップを加えてよく混ぜます。
そこに、レンジでチンした新ジャガを入れて和えるだけ☆
ジャガイモは、ピンポン玉くらいの大きさのもの5個使いました。

皮付きの新ジャガの食感が楽しい♪
歯が皮を突き破るときの、ぷつっとした感触と、ねっとりもったりした芋の歯ざわり。
和え衣は、甘めだけれど味噌のしょっぱさも活きていて、新ジャガのほのかな甘味とまこと好相性です。

新ジャガは、もうそろそろ時期外れだったかしら;?
でも、まだまだ名残のものででも作りたいと思う一皿でしたレストラン


image/aokurage-2005-06-15T20:02:59-1.jpg←昨夜作った鶏と大豆の煮物と共に、今日のお昼ご飯。
鶏肉をこんがり焼き付けて、生姜の薄切りと水煮の大豆を加え、砂糖と醤油で煮込んだものですが。

こちらは、まだまだ改良の余地アリでした=3
いまいち物足りない。
塩加減は多分足りていると思うので、旨みがもうひとつ欲しいところなのかなー?

今度は昆布とか入れて、煮込んでみようかしら。



最近食生活の乱れが気になるので、和食生活復活フェア開催。
お野菜たっぷりで、お腹の取っ手をどうにか、どうにかーーーー!!あせあせ(飛び散る汗)
posted by ことの at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分で作る・ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

トマトと卵のチーズスパ

image/aokurage-2005-06-10T20:50:27-1.jpg…美味っっ!?

何の気なしに頬張りましたが、さすがトマトとパスタの定番コンビ。
考えてみれば美味しくないわけがないのに、これ程とは。
思わずびっくりです。

ネットで見かけたレシピを、「こんなかんじかな?」で作ってみました。
思いついて、冷蔵庫の中でそろそろ悲鳴を上げそうだった卵君も入れてみたら、栄養価もアップで良いんでない!?
またひとつ、トマトの定番の誕生ですv


作り方。例によって一人分。
まず、よく熟したトマト大き目のもの1個を乱切りにします。
大き目の方が、形が残って良いと思います。
並行して、パスタも茹でておいて下さい。
後で炒めるので、固めが良いかも。

で、フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて温めます。
ニンニクは、無精者でチューブのおろしニンニク使用。
←これがなかなか、思いついたときにすぐに入れられて便利。

そこに、トマトを投入。
あまり動かさずに、焼き付ける感じで。
何となく火が通ったら、茹で上がったパスタを加えます。

ここで、パスタの茹で汁か塩を加えて味を整えます。
トマトからかなり汁気が出るので、茹で汁はあんまりしゃばしゃばにならないように。
チーズの塩分もあるので、今回はお玉に半分くらい茹で汁を入れれば十分でした。

チーズは、とろけるスライスチーズ。
1枚をちぎりながら入れて溶かします。

最後に、溶き卵を回し入れて完成☆

お好みで黒胡椒をたっぷりかけていただくと、アクセントになってまた良しです。




以上が、今日の私のお昼ご飯だったわけですが。
先頃夕餉を食べていると、半分ほど食べ進んだところで友人から電話が。

「もうご飯食べた?
 これから、たんたん食べに行くんだけど。
*たんたん:6/9付記事参照。



      ……悔!!
posted by ことの at 20:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 自分で作る・ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

トマトin…

新発見。
トマト+ヨーグルト+スキムミルク=美味い!

全国のスーパーからスキムミルクを奪い去った、某テレビ番組内で紹介されていた食べ方に挑戦してみました。
一見ミスマッチ。
でも、勇気を出して投入してみたら、これがはまりそうに美味しいのです!

今日は安売りでごった返す近所のスーパーへ出陣☆
おばちゃんたちに揉まれつつ、真っ赤に熟した美味しそうなトマトを一山ゲットしたもので。
そのまま食べるのも良いですが、ずっと時期を見計らっていたものを折角買ってきたのだから、変わった食べ方をしよう!と思い立ちまして。

トマト納豆というのも、なかなかアリなのだなあ…。
こちらは、菊○怜嬢が「こうやって食べるのが好き!」と言っていらしたようで。
料理サイトに検索かけたら、いっぱい出てきたのでびっくりしました;

何のことはない。
ただ普通にタレを混ぜた納豆に角切りにしたトマトを加えただけですが。
納豆トーストに引き続き、気味悪い顔をされている予感がしますね(笑)。
「塩味で」というレシピもあったのですが、さすがにそこまでは勇気がありませんでした。

塩味って、難しいですしね。


ってゆうか、これも全てトマトが美味しいからいけるのでしょう。
トマト万歳。明日はどう料理してくれようか。
卵炒めにするのが好きですが。焼きトマトとか、パスタも良いですね。

今年もまた箱買いしてしまうか!?
安くなれー
posted by ことの at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分で作る・ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

白滝のタラコ炒り

image/aokurage-2005-05-31T20:34:09-1.jpg多分白滝のお惣菜としては割と王道なのではないでしょうか?
ずっと、美味しそうだなー作ってみたいなーとは思っていたのですが。
実は私生たらこがあんまり得意でないため、今まで何となく敬遠しがちだったのです;

それが、先日友達と話していて「お婆ちゃんが作るたらこと白滝の煮物が好き」という話を聞きまして。しかもその場に居合わせた私以外の二人が、その点でがっちり意気投合。
そんなに美味いのか!?
そんなにも美味いのか!?
作ってやる!!

意気投合する二人に執拗に食い下がってリサーチ。
その熱意ときたら、民俗学実習で聞き書きをするが如しです(笑)。
自分の中の食べ物に対する執念が垣間見えました。

そして今日、そのときの情報と新聞のお料理コーナー(新聞の中で一番熱心に読む(笑))の切抜きをもとに挑戦!

う、美味い!美味いではないか!!

口に入れてまず感じるのは生姜が利いているな、ということ。
そして、白滝の歯ざわりが思いのほかふっくらで、たらこの風味も良く、ほんのり甘い。
もう少し濃い目の味付けでも良かったかも。
でも、これはこれで美味しい。たらことコンニャクがこんなに相性が良かったなんて。

レストラン作り方
既にあく抜き済みの白滝を使用。なんと400g入りのお徳用黒ハート←どれだけ好きやねん!

さっと洗って鍋に入れ、水2カップ、生姜のみじん切り1片分、酒大匙1弱、みりん大匙1.5強も加えて火にかけます。
ぐらぐら煮立ってきたら、醤油大匙1.5も加えてしばらく煮る。
まずコンニャクに少し味を含ませておくのですね☆
そこに、薄皮を除いたたらこ80g弱を投入して、弱めの火で汁気が無くなるまで煮て完成♪

まあ簡単。
生だと、生臭みが気になりますが。完全に火を通したものは好きです。
たらこファンに怒られますね(笑)。


image/aokurage-2005-05-31T20:35:07-1.jpgちなみに、本日のメインはこいつでした。
穴子の蒲焼。蒲焼好き黒ハート
今日スーパーで1パック300円だったのですよ!!国産で!嬉しい!

国産はやっぱり、脂の旨みが違います。うなぎの話ですが。
実家で国産のを食べさせてもらったら、もう中国産は買えなくなりました;
ああー、さすが国産。臭みゼロ!
まだいっぱい残ってます。
嬉しい。穴子万歳。
posted by ことの at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分で作る・ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

ヨーグルト

毎朝ヨーグルトを食べます。
朝食べられなかったときは、夜とか。
とりあえず、何故だか毎日食べている。
常々、節約を考えるならば、このヨーグルト代も馬鹿にならないよなあ…と考えておりました。

で、決行。自家製ヨーグルト。

まず、牛乳をレンジで温めます。
50℃くらいだそうですが、温度計なぞ持ってません。
ので、様子を見ながら持ってみてちょっと熱いくらいを目安に。

そこに、市販のヨーグルトを投入。
牛乳の量の1割くらい。
よく混ぜます。

さて、ここからが問題。
醗酵のため、数時間暖かいところに放置プレイする必要があるのですが…

北国。

いくら暖かくなってきたとはいえ、気温なんて高が知れています。
醗酵器も無しにそんな生暖かい温度を維持できるはずが無い。
どうしよう。
どうしたか。
迷った挙句、

室温で放置。

あははー。
何も考えちゃいません。
でも、朝起きたら何か牛乳とは違う物体になっていました。
まあ、

これをヨーグルトと呼んだら良いじゃない?

低脂肪乳で作ったからでしょうか。
かなり緩めで、これを種にしてもう一度作ることは決してできないだろうモノ。
本当に十分乳酸醗酵できているのか甚だ謎ですが。

まあ、一応それらしきものができたので、それなりに成功ということで。
posted by ことの at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 自分で作る・ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

へるしぃメニュー強化願

image/aokurage-2005-05-21T20:08:20-1.jpgようやく焼きました;ソーダブレッド。
焼こうと思って粉を買ってきてから、一体どれだけ経過したと思っているのでしょう?
面倒くさがるのも大概にしなさい自分=3

いざ焼いてみると、どうということはない。
むしろ、拍子抜けするくらい簡単です。
余熱の間に生地はできるし、おかずを準備する間に焼けてくれて、懸念していたような無駄な時間はほとんどありませんでした。
当分、わざわざパンを買いに行かなくても良いかも?(…かも)


まず、ヨーグルト30g、蜂蜜大匙2分の1、牛乳60cc、塩少々をよく混ぜ合わせます。
ヨーグルトがだまになるので、牛乳は少しずつ加えた方が良かった…

そこに、全粒粉100gとベーキングパウダー小匙1をふるい入れてゴムベラなどでさっくり混ぜます。
混ぜ始めは水分が多いかな?と思いましたが、混ざるとちゃんと一塊になってくれました。

それを、シートを敷いた天板にこんもりと丸く載せ、粉を振り掛けてナイフで十字に切れ目を入れます。
あとは、190℃に予熱しておいたオーブンで30分焼けば完成☆
お好みでジャムなどをつけて召し上がれレストラン


全粒粉100%なので、香り良いです♪
そして、表面がかなりざくざく固い。
叩けばごんごん言っちゃいます。弾力なんてありゃしない(笑)。

でも、そこがまた美味いのですv
外はざっくり中はふんわり。
それに、何と言っても、油脂類ゼロでへるしぃ!!(重要)



…だってほら、最近お腹に取っ手が;
ねえ?

楽して筋肉欲しいなあ…。
posted by ことの at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分で作る・ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

スープスパ

一時期よく母が作ってくれた、グラタンやらスープスパゲッティが大好きでした。
もう作らなくなって久しいので、当然レシピなど忘れているだろうと思っていたのですが。
この間聞いたら、ぼんやりながら答えてくれましたよ!びっくりだ。

案外、その気になったらまだ作って貰えるのかもしれません。
10年越しの煮込みハンバーグの例もあるし。

このスープスパゲッティ。
なんてことはない。ごく緩く作ったシチューでパスタを煮込んだだけのものですが、これがとっても美味しいのです!
濃度もあるので、ばっちり体も温まる♪
翌日に温めなおして、パスタがのびのびになってしまっているのも、なかなか良いものです。邪道かもしれませんが;



午後から授業だったのですが、今日もやはり寒くて寒くて(泣)。
お昼ご飯はお家で温かいものが食べたい!そうだ!スープスパだ!!

…作ってみました。
母のレシピではないけどね。


まず、フライパンにサラダ油少々で短冊に切ったベーコン(3枚ほど)を炒めます。
脂が出てちりちりになるくらい炒めたほうが好き。あんまりベーコン臭いのは苦手なので;

良い感じになったら、薄切りにした玉葱(2分の1個)を投入。
蓋をして、時々かき混ぜつつ蒸し炒めします。

全体にしんなりしたら、水(1カップ)、固形ブイヨン(1個)を加えて煮立て、パスタ(50g)を半分に折って入れます。
てゆうか、玉葱の上に乗ってしまって、パスタがくっつきそうですが、くじけないでください(笑)。

蓋をして5分煮たら、牛乳160ccくらいを投入。
味を見て塩胡椒で整え、ひと煮立ちしたら火を止め、余熱でパスタが好みの固さになるまで待って完成☆

これで1人前。
結構大量にできます。フライパンごと食卓に運んで、おかわりしつつ食べました。

余熱時間は、パスタの表示の茹で時間マイナス5分くらいが目安かな?
私は、もう少し柔らかめも好きです。
もし茹で時間の長いパスタだったら、牛乳を加える前にもう少し長く煮るとかしたら良いかもしれません。

冒頭のマイマザーのスープスパのように濃度は無いですが、これはこれで美味しい黒ハート
何より、鍋ひとつにどんどん入れていけば良いのがポイントです。


うん、とりあえず満たされました。
早く暖かくなあれ(切実)。
posted by ことの at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分で作る・ご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。