2006年02月06日

ふんわりバナナクッキー

image/aokurage-2006-02-06T20:49:07-1.JPG
レポートや発表前など
長丁場のお供といえば私にはクッキー。

憂鬱気分をお口の幸せで吹き飛ばすのだ!!

…と、いう訳で。
明日に一本締め切りを抱えた今日(売れっ子作家みたい・笑)は
節約のために自分で焼いてみました♪
外はさっくり、中はふんわりしっとりのバナナクッキー☆

熟れ熟れバナナを潰して生地に練りこんでます♪
そんなことしてる暇があるなら書けというツッコミは却下します(笑)

初めて作ってみましたが
これがまた美味しくて美味しくてw

美味しすぎてレポートになりません。
嘘です。ちゃんと書いてます(笑)

しかしこれ、クッキー…?
クッキーだと思うけれど、中の食感はもう
クッキーの域を越えてふんわり。ケーキみたい。

混ぜて焼くだけで手間いらずだし
バターも使わないので
思い立ったらすぐ作れますよ〜♪

是非お試しあれ!o(`・ω・´)o=3

レシピを見る?
posted by ことの at 20:49| Comment(6) | TrackBack(1) | 自分で作る・おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

大人の簡単ぷりん

image/aokurage-2006-02-01T20:45:28-1.JPG
ふっと思い立って
お買い物から帰ってきた夕方ごそごそ。

買い物袋を置いて、準備して
買って来たものを冷蔵庫にしまって
ひとやすみひとやすみ、いただきます

そんな、お手軽に作れるプリンです*^^*

プリンって、初めて?
一回くらい作ってみたことがあったかな??

スが入りまくってますが、まぁご愛嬌!

何だか「ぷるるん♪」て食感じゃなくて
もっとしっかりした感じですが、まぁご愛嬌!!

これはこれで美味しいですよ。
何処にも売ってないですよ。(そりゃそうだ)

因みにどの辺が大人かというと
上に掛かっているこの褐色のソース。

カラメル?
ちっちっち。違うんだなぁ。

正解は
カルーアコーヒーリキュールバー

夜のおやつです。
ダイエットするって言ってたのはどの口でしょう?
夕方作って、冷やしたプリンにとぷとぷw

うまっっ(*≧∀≦*)

作り方は?
posted by ことの at 20:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 自分で作る・おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

シンプル パンプキンパイ

image/aokurage-2005-10-11T20:40:44-1.jpgお友達が「パンプキンパイが食べたい」と言うので、作ってみました☆

ずーっと憧れだった冷凍パイシート。
お陰で一念発起して買ってくることが出来たよ…

冷凍食品を買ってくるのって、勇気がいるのです;
私が思っているほど溶けやすくは無いですよね。ハイ。
レジでちょっとくらい並んでたって、待ってる間に溶け出したりしないですよね。ハイ…


一口に「パンプキンパイ」と言っても、いろんな種類がありますよね。
かぼちゃプリンみたいなのとか、スイートポテトっぽいものとか。
ほくほくだったり、クリーミィだったり。
オープンなのから、一口サイズのプチパイまで。

食べたいというのを聞いたのは良いけれど、彼女が食べたいのはどんなパイ(_ _;?

考えた末に、結局とってもシンプルで作りやすいものにしてみました☆
単なる手抜きと思考放棄とも言う!?


作り方は、パイシートに付いていたレシピカードのアレンジです。

まずは、中に入れるかぼちゃ餡作り。
種と皮を除いたかぼちゃ約200gを用意します。
それを、レンジでごく柔らかくなるまで加熱。

皮は勿論後で剥いても良いし、お鍋で茹でたり蒸しても構わないと思います。
いっそ、皮付きでも良いかも(笑)

熱いうちにフォークなどで潰し、蜂蜜を小匙2杯ほど加えます。
この辺はかぼちゃの甘さにもよりけり?
潰し加減もお好みで。
裏ごしとかしなくても、結構滑らかになります♪
今回は、ヒトにあげるものだしと思ってしっかりめに潰してみた。

何とこれでフィリングは完成☆
手抜き!?
いいえ。シンプルです。

粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷ましておきましょう。

冷凍パイシートは1枚100gのものを2枚使用☆
15分ほど室温に置いて解凍したら、1枚は長い方の端を1.5cmくらい残して横方向・1cm間隔に切れ目を入れます。
上に被せるための方です。
縦半分に折って切ると良いらしい!
解凍しすぎると、ここでくっ付いちゃうので注意ですね!!

もう1枚の方は、接着のため縁に水で伸ばした卵黄を塗っておきます。
そこに、冷蔵庫で冷ましておいたかぼちゃ餡を乗せる。

真ん中の方に、細長く。
長辺の両側1.5cmくらいを残して、後は割りとしっかり敷き詰めちゃって良いです。
むしろその方が、焼きあがったときに何処かが極端に浮き上がったりしなくて良いみたいです。

均一に伸ばしたら、上に被せるための生地をえいやっ!と重ねます☆
縁を揃えたら、長辺をフォークで押さえて飾りつけ&接着し、
表面にツヤ出しのため卵黄(接着でも使ったもの)を塗って、
200℃に予熱したオーブンで15〜20分→良い感じに焼き色が付いたら160℃に下げて約15分焼く!

卵黄が余るのが勿体無くて省いてしまおうかとも思ったのですが、折角作るなら「凄ーい!」って行って貰えるようなものを作りたくて。
刷毛で塗りたいところでしたが、そんなもん無いのでスプーンの背で頑張ってみたとです…

やっぱり、ちゃんと塗って正解です!
きれいな焼き色が付いていくのが嬉しくて、思わず監視しちゃいました(笑)

さてさて、気になるお味の方は。
パイが美味しいのは当然です(笑)

中のかぼちゃ餡はゆるゆるなので、クリーミィ?
甘さも控えめなので、ほぼかぼちゃそのまま!って感じです。
うん!シンプル!!

お友達にも好評でした〜^^v

説明は長くなりましたが、やってみると物凄くラク。
なのに、皆が感心してくれちゃう。
パイって素敵☆
posted by ことの at 20:40| Comment(5) | TrackBack(2) | 自分で作る・おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

りんごの赤ワイン煮

image/aokurage-2005-10-09T17:12:18-1.jpg骨付き鶏に味をしめて、りんごも赤ワイン煮にしてみました♪
ヨーグルトにトッピングしてレストラン

煮過ぎたのか、くったくたで形良く取り出すのは至難の業です^^;
中には、既に原形を留めていないものも…

それでも、赤ワインの風味が何だかリッチ!?な味わいで嬉しいv
皮に近い部分にしゃくしゃく感を残しつつ、柔らかい中心付近は口に入れるととろけます。

作り方は、まずお鍋に蜂蜜25g(大匙2くらい)、赤ワイン200cc、水100ccを合わせて煮立ててくし切りにしたりんごを入れ、落し蓋をして20分煮るだけ☆
あ、レモン汁も少し入れました。

煮上がったらそのまま、煮汁に浸かったまま冷まして完成です。
煮えばなはふちの方にちょっと白っぽいところも残っていますが、冷めるうちに煮汁が滲みこんで隅々まで赤ワイン色にv

自分ひとりで食べるのだったらシナモンとかも入れたいところですが、
結構沢山できそうだし、お友達にも振舞うかもしれないなーと思って今回はナシにしました。

でも、何かパンチの出るものを入れたほうが美味しそうですね。

昨夜は、夜中に徐にりんごなんか剥き始めてみましたよ!?
あかねりんごというとっても小さいりんごだったので、3個使いました。
小さいとはいえ、3個は3個…くたびれた;

これを作るときは、絶対大きいお鍋でやった方が良いです!
アクなのか何なのか、泡がたくさん出てきてしょっちゅう吹き零れそうになりましたから…orz



因みに今日は、さっきまで一生懸命栗を剥き剥きしてました〜
上手に炊き上がってくれることを祈る!栗ご飯…
posted by ことの at 17:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 自分で作る・おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

味見の茹で栗

image/aokurage-2005-10-08T21:20:41-1.jpgとりあえず冷凍しておいた栗たち。
何処かで「栗は冷凍できる」というのを聞いたことがあるような気がしてそうしたのですが、
何処で聞いたんだっけ?;

最近ネットであちこち見てみても、あんまりそういうことをしている人を見ないのです(つA`)

あれー?
どんどん自信が無くなっていくよあせあせ(飛び散る汗)

どうしようどうしよう。
解凍したらかすかすになってたりしたらどうしよう。
あんなにいっぱい貰ったのに><。


募り続ける不安感を振り払うべく、味見として茹で栗にしてみました。


茹で栗なんて、自分で作ったことがありません。
「断然栗ご飯のほうが良い!」って炊いちゃうので。

どれくらい茹でたら良いのかしら?
何。30分??

「そんなの待てるかー!!」パンチ

ほんのちょっと茹でたいだけなのに、勿体無いよぅ><
何か、もっと簡便な方法は無いのかー!!


…ありました。

えぇ、世の中頭の良い人はいるもんです。
技法って、進化するもんです。
DECOさんちの晩ご飯のDECOさんが、圧力鍋を使って茹でる方法を紹介されていましたよ!→こちら

栗と水を鍋に入れ、5分加圧→急冷。
塩を加えてさらに5分茹でる(圧力はかけずに)というもの。
このくらいの時間ならね(・∀・人・∀・)

これは、レッツトライ☆ですな!

水の量は、少ない方が美味しいだろうと思って200ccだけ入れてみました。
このくらいだと、栗が腰まで浸からないくらいです。
それで良いのです。
加熱が終わるまで、蒸発しきらなければ良いのです。
蒸し茹でっぽく?

はてさて、お味やいかに…
スプーンでほじほじして、
ぱくり。





うまv



ほくほくして、美味しい〜♪

正直言って実家にいた頃は茹で栗なんて、つん!って感じだったのですが
やっぱり、自分で茹でると愛着が違いますね(笑)
多少茹で加減が甘くてホクホク感が足りないのだって、愛い奴愛い奴v

本当、DECOさんに感謝です。ありがとうございます。

これなら、明日の栗ご飯も心配要らないかなぁ。
でも、お昼に普通の生栗と同じように剥いてお粥に投入してみたのは、イマイチだった…(_ _;


明日の参加者の方は、どきどきしながら来て下さい黒ハート(←ええ!?煤G゜д゜)
posted by ことの at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 自分で作る・おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

りんごのヨーグルトケーキ

image/aokurage-2005-10-02T08:58:48-1.jpgつい先日お友達が誕生日を迎えましたので、ケーキを焼いて押しかけました☆
「どんなのが良い?」と聞いてみた所「何でも良い」とのことだったので…これが、結構悩みどころだったり。

チーズケーキはちょっと前に食べさせたばかりだし。
彼女は確か、クリームたっぷりのデコレーションケーキよりもシンプルなものが好きだったし。ありがたいことに(笑)。
でも、やっぱり誕生日らしく、ちょっと豪華な感じのするものが良いなー。
そうだ!りんごは好きだな!!りんごケーキにしよう!

てな感じで、決定。
丁度りんご安かったし(笑)


いろいろレシピを検索して、りんごのヨーグルトケーキにしてみました♪
彼女が去年、「りんごのチーズケーキというのを見て、食べたかった」と言っていた印象が強いせいもあるかもしれません。

作り方は、まず、大き目のボウルにヨーグルト180gと玉子1個を入れて泡立て器で混ぜ、油70ccを少しずつ加えて分離しないように混ぜ混ぜします。

りんご1個は、小さめのいちょう切りにして、レモン汁を絡めておきます。
変色防止と、酸味を補うため?
普通ケーキなどには“紅玉”が推奨されていますが、“つがる”だったので。

ヨーグルトのボウルに、砂糖65gくらい、薄力粉100g、ベーキングパウダー小匙1と2分の1…8gくらいだったかな?を振るい入れ、ゴムベラに持ち替えて混ぜます。
粉を加えたら練らないほうだ良いんだろうと思ってヘラで混ぜましたが、もしかしたら水分が大目の生地だから、泡立て器でやっちゃって良かったのかな…

大体混ざったら、りんごを加えます。
ここでまた混ぜるので、粉を加えたときには完全に混ざるまで混ぜなくても良いと思う。

で、あとは型に流して160℃のオーブンで50分焼いて完成☆
15cmの丸型で焼きました。
焼き上がりは、結構な重量級で満足感があります(笑)

今回油は太白胡麻油を使用。
最近までお菓子作りには大抵オリーブオイルを使っていましたが、この胡麻油も、クセがなくてオススメです☆


夕方、ホールのままのケーキを持っていそいそと彼女のお宅へ向かう。
しかし。実はお宅の場所がうろ覚えだったりして(駄目じゃん)。
まぁ何とかなるでしょうと思いながら歩いていると、おやおや?見慣れた部屋に明かりが点いているではありませんか。

「やったね!更級ちゃんがご在宅だ!!」

案内役もかねて、連れ出してみました♪
いや!お祝いはやっぱり、いっぱいいた方が良いしね!!

出迎えてくれたお誕生日のばなさんは、びっくりしてたよ!?(笑)

わいわい言いながら、ケーキ入刀。

焼き上がりの空気抜きが甘かったのかちょっとしぼんでしまった気もするけれど、3人で食べるケーキはとっても美味しかったと思う。
しっとりして、ほんのりヨーグルトの風味が、さっぱり。

家主たるばなさんに紅茶のお代わりをがんがん要求しつつ、楽しいおしゃべりは尽きませんでしたとさ☆

そしてそのまま…
posted by ことの at 00:00| Comment(3) | TrackBack(1) | 自分で作る・おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

ティラミス☆

image/aokurage-2005-09-13T20:53:43-1.jpg韓国以前の遺物である、冷蔵庫の中のカッテージチーズ消費のために作ってみました♪

玉子とチーズとビスケットで作る、お手軽&あっさりティラミスです。
クリームチーズも生クリームも使いません!
ダイエットっぽい!?

作り方も簡単^^
まず、卵白1個分に砂糖大匙1を加え、角が立つくらい泡立てておきます。
これは、使うまで冷蔵庫に入れておいた方が良いらしいので、ラップして冷蔵庫へ。

同じ泡立て器で、砂糖大匙2分の1を加えた卵黄1個分を白っぽくなるまで泡立て(?)ます。
ここに、カッテージチーズ100gを投入。
滑らかになるまで、すり混ぜます。

冷蔵庫から卵白を出してきて、投入。
泡を潰さないように。少しずつ。
最初は泡立て器のままで混ぜちゃいましたが、ゴムベラに持ち替えた方が良いと思います。

あとは、濃い目の珈琲に浸しておいたマリービスケット適宜と交互にグラスなどに入れて冷やすだけ☆
食べるときにココアを振りましょう。

ビスケットは勿論、カステラやスポンジでも良いかと。
卵白の泡立て方が甘かったのか最初はかなり緩いクリームでしたが、冷蔵庫で冷やしたら結構固まってくれました^^;

甘さ控えめなので、好みでもう少し増やしても良いかもです。
大人味?
ビスケットを浸す珈琲に、少し甘味を加えておいても良いと思う。
本来は洋酒を入れるので、多少甘味が付くのでしょうね^^;


今日は、お昼ご飯にリゾットを作ったら久しぶりなせいで時間を忘れていてお米がまだ硬かったとです…
夕ご飯は夕ご飯で、圧力鍋様で玄米ご飯を炊いたら、底が焦げ付いちゃってやっぱり硬かった……

顎が疲れました(T_T)

2食連続でお料理失敗(?)すると、ちょっと凹むね!!

そういえば、実家の栗の木君がそろそろ収穫祭みたいです。
ご飯同盟召集ー演劇
posted by ことの at 20:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 自分で作る・おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

ダイエットチーズケーキ

image/aokurage-2005-09-04T20:48:13-1.jpg昼過ぎに、ごそごそ焼きました。

ちなみに、私は明日から旅行に行きます。

何やってるん?

だって、冷蔵庫の中の生クリームを消費しないと!
ケーキなら、冷凍しておけば良くない?
良いことにしよう。よし!良い!!

image/aokurage-2005-09-04T20:49:49-1.jpg断面こんな感じです。
クリームチーズではなくカテージチーズで。
土台は作らずレーズンを底に敷いてみました。
ので、ダイエット。

レーズンの甘酸っぱさが活きていて、良いアクセントです♪
ふんわり食感。
しっかり冷やせば、も少ししっかりした感じになるかも。寝かせた方が良い系?

もう少し甘味を加えたほうが良かったな;
生地自体の砂糖を増やすか、焼き上がりにシロップを塗っても良さそうです。

とりあえず、今回のレシピは以下の通り↓

ボウルに、カッテージチーズ(裏ごし)100g、生クリーム100cc、卵1個、砂糖大匙1と2分の1強、レモン汁大匙2分の1、薄力粉大匙1と2分の1を入れて、泡立て器で滑らかになるまで混ぜます。
…ちょっとチーズのだまが出来るので、嫌な方はチーズをよく練って、他の材料を少しずつ加えるようにしたら良いかもしれません。

オーブンシートを敷いたパウンド型に、レーズンを8割方敷き詰めるように入れます。
この辺はまあ、お好みで。

生地を流し入れ、170℃のオーブンで40〜45分くらい焼いて完成☆
ラクっっ!?


焼いている間に、ぷーっと膨れてびっくりでした!
ベイクドチーズケーキってこんな風になるんだ!?

パウンド型に紙を敷いて焼くことにより、底の取れない型でも簡単に取り出せます♪
上の方に余っている紙の両端を慎重に持ち上げれば、崩れやすいチーズケーキもばっちり☆
これは色々とアレンジもききそうだし、是非また作りたいものです。

…しかし。
これによって、冷蔵庫の中へ新たにカッテージチーズの使いさしが誕生してしまった;
う〜ん;;

まあ、チーズくらい、大丈夫だろ!!
posted by ことの at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 自分で作る・おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

バナナケーキ再び

image/aokurage-2005-08-06T21:10:59-1.jpg以前紹介した炊飯器バナナケーキの生地を、そのまんまオーブンで焼いてみました☆
パウンドで焼いたら、上面がぱっくり割れて本格っぽいですね!!

炊飯器で作るよりも膨らんでいる気がします♪
食感も軽め?
…微妙に。味的にはあまり大差ありません^^;

ただ、「冷ます」と称して放置しすぎたせいか表面がちょっと乾いて固いような…
それとも温度のせいかしいら?

巷のバナナケーキの生地を見比べて、170℃で40分焼いてみたのです。
で、型に入れたまま冷ます。
この時に湿らせた布巾をかけるとか、焼き上がりにシロップか何かを塗ったら良いのかもしれませんね。

何だか私、お菓子作れる人みたい!?(笑)


今朝起きて郵便受けを探ったら、新聞が届いていませんでした…
電話したらすぐに持ってきてくれましたが。

学生はもう既に皆帰省してると思ってるのかしら!
ぷんぷん=3

まだまだ全然レポートに苦しめられてますわよ!?
今日は古代史が終わりました…もとい、終わらせました。
出来ははっきり言って悪いですが、もう顔も見たくないんだもん!

そして間髪いれずに、うぇるかむ・いずみちゃん!(和泉式部日記のレポート)

レポートの描写がいちいち楽しげなのは、そうでもしないとやってられないからです。
posted by ことの at 21:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 自分で作る・おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

健康系おからケーキ

image/aokurage-2005-07-28T21:00:12-1.jpgこの前買ったパウンド型に、紙を敷いて焼きたかった…!
それに、前期のHゼミが今日で最後なんだもの!!焼かなくちゃ!

え?テスト??
余裕なんて無いよ?
現実逃避と言ってくれて良くってよ??


でもやっぱりお手軽な、作り方。

まずはオリーブオイルを30g量ります。
他の油でも構いませんが、風味の良いもののほうが良いと思うので。

そこに、砂糖70g。卵1個、牛乳100ccも加えます。
秤の上にボウルごと載せて、量りながら加えていくとラクです♪
順番は特に気にしなくてもOK☆
一旦均一に混ぜます。

そこに、生おから!100g入れちゃいます。
小麦粉を入れてからはあまり混ぜない方が良いらしいので、おからもここでちゃんと馴染ませます。

馴染んだら、薄力粉100gとベーキングパウダー小匙1を振るい入れて、ヘラでさっくり。
粉気が無くなるまで混ぜ、オーブンペーパーを敷き込んだパウンド型へ☆
生地が結構固めなので、ヘラですくってぼたっぼたっという感じ

平らにならして、180℃のオーブンで30〜40分!
最初型の半分くらいまでしかなかった生地が、型の高さいっぱいまで膨らんでくれます!
これぞケーキ!(笑)

焼き時間はお使いのオーブンによって調整してくださいまし。
私はまず30分焼いたのですが生っぽく、5分ずつ追加で2回焼いたけれど、通して焼いていたらもう少し早く焼きあがっただろうなぁ…


Hゼミの皆さんに「健康系」とだけ言って何ケーキか当てっこしてもらったところ、正解者はおりませんでした☆
ただ、「懐かしい味がする」とのご意見が。
確かに、甘さ控えめで何だかもそもそする食感は、“お母さんのおやつ”的!

これ、砂糖の代わりに蜂蜜が使えないかしら。
早くもアレンジ技を画策してみたりしてますが。

でもこれからレポートラッシュだし、食べてくれる人もしばらくいなくなってしまう;
ケーキはちょっとおあずけかなぁ。。。
posted by ことの at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 自分で作る・おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

牛乳ぷりん

image/aokurage-2005-07-25T20:04:25-1.jpgマイブームの予感…

コーンスターチで作るみるくぷりんです♪
プリンと名付けれど、食感は絶対ぷるんじゃない!(笑)

こう、まったりというかねっとりというか。
固体感のあるムースみたいな?
口の中でとろけますvv


作り方は極簡単。

まずは、コーンスターチ大匙2と蜂蜜に、牛乳200ccを少しずつ加えます。よーく混ぜながら。
完全に溶かしたら、火にかけます。

蜂蜜の分量は試行錯誤中;
今回5gで作ってみましたが、もう少し甘い方が良いと思います。
10gくらいが良いかも知れません。
私も次回は10gで作るつもり。

絶えず木ベラなどでかき混ぜつつ、沸いてきたら弱火にします。
すぐにトロミが。
ヘラでかいたときに鍋底が見えるくらいになったら火を止めて、型に流します。

表面に膜が張るので、耐熱のラップをぴったり密着させて冷ました方が良いかもです。
まだ試してはいないけれど、胡麻豆腐とかを作る要領で?(笑)

……以上!
よーく冷やしてどうぞ♪


ひんやりして、この独特の食感がまた夏にぴったんこ☆
この間買って来たコーンスターチは、8割方こいつに費やされること決定ですね!
それに何より単価が安いよ!
いっぱい食べられるよ!!(笑)

何を隠そう、この写真のカップは誕生日にお友達のKouhaku氏から頂いたものですが。
直径15cm(推定)の特大サイズ黒ハート

いやあ、満足感がありますね!
明日また牛乳買ってきます!!
posted by ことの at 20:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 自分で作る・おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

みるくれもねーど

レモネードを牛乳で溶かす。
冬には「何だか微妙な飲み物(?)」として紹介しましたが、実は結構はまってたりします(笑)

ホットミルクに溶かすと、甘いチーズのようなものとホエーが浮いてくる。
今日は、暑かったもので冷たい牛乳に溶かしてみました。
すると…

あれ?カルピス☆


相変わらずヨーグルトのような酸味の部分がもろもろしていますが、ホットほど分離しません。
う〜ん。なかなかイケル。

夏風邪予防にビタミンC、いかが?















明日あたり、本物のカルピス買って来ようかな(笑)
posted by ことの at 22:31| Comment(4) | TrackBack(1) | 自分で作る・おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

炊飯器バナナケーキ

image/aokurage-2005-07-15T20:01:25-1.jpgお待たせしました☆

最近立て続けに作っている、バナナケーキ。
最初にこれの記事を書いてから少し時間が経ちましたが、漸くレシピアップさせていただきます♪

本当に、異様にラクなのでもう2回くらい学校に作って行きました。
「炊飯器で作った」とは、一言も言わずに……
ごめんなさい;(何となく)


作り方。
まず、バナナ(2本)をフォークの背などで潰します。
なるべく滑らかなペースト状に。
潰れたら、水(50cc)を加えて緩めます。

そこに、砂糖(30g)、薄力粉(100g)、ベーキングパウダー(5g)を振るい入れて、ヘラでさっくり、練らないように?混ぜます。
…生地完成☆

あとは、油を塗った炊飯器の内釜に流して炊くだけ!!


炊飯が終わったら、竹串を刺すなどして生でないことを確認してください。
まだ中が生っぽいようだったら、再度炊飯を。

作ってすぐより、冷蔵庫で1日か2日寝かせた方が美味しいです☆

一部作れない機種もあるらしいので、初めて作るときは勇気が入りますね^^;
ちなみに、私が使っている5号炊きの炊飯器では、一回炊いただけで出来ました☆

これを基本に、チョコチップを混ぜたり、シナモンをどっさり入れたり、砂糖を蜂蜜(15g)に代えても○
甘さ控えめで、朝ご飯にも良いと思います。
むしろ私は、ご飯代わりに作っている節があります。



近頃時間が早回しで進んでいるとしか思えない我がアパート…
果物を室温に置いておくとあっというまに悪くなります!何故!?

緑でがちがちだったアボカドも、見る見る黒く完熟してくれるし;
そういう季節なのでしょうか?
でも、冷蔵庫に入れておいても傷みが早いとですよ!><

お陰で、「もうバナナ買ってきたら皆ケーキにして冷凍してやる!」と言って、3日くらいで4つも作ってしまいました=3
ああもう!
このままでは、フレッシュフルーツが食べられないではないか!!
posted by ことの at 20:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 自分で作る・おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

バナナケーキ

image/aokurage-2005-07-05T21:03:16-1.jpg とうとう、炊いちゃいました(笑)。

炊飯器ケーキです☆
mafmafさんのブログのケーキが、大きなマフィンみたいでとっても可愛かったので、思わず。
ノンオイルで出来るバナナケーキですvv
うちの炊飯器でも炊けましたよ!

炊飯器ケーキって、要は生地をお釜に流して炊くのですが。
我が家の炊飯器は、時間で止まる仕組みではないらしいので、出来るかどうか不安だったのです…
現に一部作れない機種も存在するそうですし。

どきどきどきどき。
mafmafさんも仰っていますが、これ、出来上がるまで中が見られないのです;
待つこと約40分。

釜を開けると、そこには!?
…上に焼き目が付かないので、かなりのっぺりした物体が(笑)。
ひっくり返してみればほんのりキツネ色。

image/aokurage-2005-07-05T21:15:16-1.jpg こんな感じで。

どうも…あんまり格好良くないですね;

お味の方は、もっちりねっとりして、バナナ!な感じ。
甘さ控えめです。
何か、食感にアクセントが欲しいかな?
かりかり。
ナッツとか、チョコチップとか入れたいかも。

まあ、まずはプレーンということで。
改良を重ねたいところです。

何よりまず、危険。これ、すっごいラク。
posted by ことの at 21:03| Comment(10) | TrackBack(1) | 自分で作る・おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

玉子蒸しぱん

image/aokurage-2005-05-17T19:50:49-1.jpgお昼に作りましたレストラン
蒸し器を持っていないので、鍋蒸しです。
鍋に高さのある器を入れて金属の落し蓋を載せ、水を張って簡易蒸し器☆

初めての蒸し料理でどきどきでしたが、まずは成功♪
つるんとした肌が綺麗で、食感ふわふわ、中がしっとりの蒸しぱんです。
勿論、蒸しぱんミックスではありません。えへん=3


作り方のご紹介。
まず卵1個、牛乳55g、練乳35gを混ぜ合わせます。
続いて、薄力粉100g、塩1g、ベーキングパウダー小匙1杯を併せて振るい入れます。

これを、菜箸2本で平行に、切るように混ぜます。
…あんまり厳密に考えなくても良いみたいですが(笑)。

十分混ざって粉っぽさが無くなったら、サラダ油大匙1杯も加えて再び混ぜ混ぜ。

それを型に流して、蒸気の上がった蒸し器で10分ほど蒸したら完成☆
生っぽいのも問題ですが、蒸し過ぎない方がしっとりして美味しいかも。


砂糖は入っていないのです。
お好みですが、私はもう少し甘くても良かったかな…
練乳と牛乳の割合を変えたら、甘さも調節できるかもしれません。

結構基本的な蒸しぱんの作り方でしょうか?
割と簡単にできます。

今回、型は牛乳パック使用。
この分量で、500mlのものが2個できました手(チョキ)
posted by ことの at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分で作る・おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

林檎のチーズケーキ

image/aokurage-2005-04-21T21:06:56-1.jpg昨晩焼いていたものです。
美味しそうに焼けました☆

切り分けてゼミで配ったら、大層好評で嬉しかったです♪
チーズが嫌いな友達もいたので少しばかり不安もありましたが、「林檎が好きだから良い」と。良かった^^
しかも、後で自分で食べてみたら、あんまりチーズも感じなかったです。
チーズケーキを名乗るからには、もう少しチーズが利いていても良かったのですが…
ともあれ、「また作って」まで言われたら文句も無いです手(チョキ)

ゼミの先生が突然「今度うちにおいで」と言ったときには何事かと思いましたが(笑)。
奥様がお好きなのだそうです。お菓子作りとか?
是非お邪魔したいものです。

H先生にもしっかり食べていただけたし☆
言うことありません(笑)


作り方:

薄力粉50g、ベーキングパウダー小匙2分の1は振るっておきます。
林檎2分の1個は、いちょう切り。
ちぎったスライスチーズ2枚、卵1個、砂糖50gをミキサーにかけ、粉類に加えてゴムベラで混ぜます。
大体混ざったら、オリーブオイル50gを加えて混ぜます。
一気に加えて大丈夫☆
混ざるのか!?と思いますが、割と苦も無く混ざってくれます。
最後に林檎を加えてパウンド型に流し、200℃のオーブンで40分焼いたら完成♪


元々のレシピでは溶かしバターを入れることになっていたのですが、買ってくるのが面倒なのでオリーブオイルで代用です。
独特のフルーティーな香りがして良い!
気になる膨らみ方も、問題なしです。

お菓子に使うオイルは、風味良いものが良いですね☆
posted by ことの at 21:06| Comment(5) | TrackBack(0) | 自分で作る・おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

阿呆再び

リアルに今、ウチのオーブンレンジ内ではケーキが焼けています。
林檎のチーズケーキ。
以前友人がケーキ屋で見て食べたかったと言っていたのです。

そんな美味しそうなもの、私が作ろうじゃないか。

…多分彼女が見たものとは別物ですがね;
名前は一緒よ?

ちなみに、明日までに読んでいくべき資料は、たった今読み始めました。
バレンタインに引き続き、何やってるんだか=3

1限の自主ゼミは、頑張れないかもしれません。
posted by ことの at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分で作る・おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

イチゴを買ったので

image/aokurage-2005-03-26T20:15:14-1.jpgイチゴ酒を仕込んでみました。
以前書いたミケさんの梅酒のように、ブランデーなんか買って無駄に高級そうに仕立ててみようかとも思いましたが、何分果実酒なんてモノ手を出すのも初めてなので。
とりあえずスタンダードにホワイトリカーで漬けました。
ただし、甘味は氷砂糖でなく蜂蜜☆

成功していたら、得意気に分量など書こうと思います。
何も音沙汰無かったなら、失敗していたと思って忘れてください(笑)。

ちなみにこれは3分の2パック分くらい。
残りの3分の1パックはお酢と砂糖でイチゴサワーに。
こちらも、美味しくできたら分量書きます(笑)。


…しかし。
1パックだけ買って1個も食べずに加工食品(?)にしてしまうあたり、自分のひねくれ加減が見えるようです。
しかも2種類?
けち臭いぞ自分=3
posted by ことの at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分で作る・おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

サラダオイルクッキー

image/aokurage-2005-03-23T19:31:48-1.jpgとっても麗しいブログのRINAさんが、チリビーンズを作って紹介してくださいました!!
あああ、嬉しい、感激〜(><。

という訳で(?)今日はサラダオイルクッキーを焼きました☆
以前RINAさんが遊びに来てくださったときに興味を持っていただいたもの。
上手にできたので、作り方を紹介します♪

まず、秤の上にボウルをセット。
そこに、薄力粉50gを量り入れます。振るわなくても問題無し☆
大した量で無いので、気が向いたら振るっても良いです。
それから、サラダ油15gをたらたらっと。
注意すべき点は、15g=15tではないという所!15ccより沢山入ります、多分。
続いて砂糖15gを同様に量り入れたら、秤から外してフォークで混ぜます。
なんとなく全体に均一に油が回った方が良い気がしますが、まぁ最後に生地になれば良いので、適当に(笑)。
しっとりしている部分を粉っぽい部分に押し付けるように混ぜると良いです。
気が済むまで混ぜたら、牛乳を加えます。生地がぱさつかないくらいの量、大匙1.5杯くらい。
あとは、レーズン25gを混ぜて生地は完成☆
天板に落として、180℃に予熱したオーブンで15分焼けば出来上がりです♪
今日はこの分量で7つできました。食べ切りサイズ?

表面はさくさく、中はしっとりしていて、美味しいです。
ただ、強いて言えば油臭さのようなものがわずかに鼻に付くので、風味のある油で作ったらもっと美味しいかもしれません。オリーブオイルとか。
ココアや抹茶で風味付けしても良いかも。
こんなにヤクザな作り方でこれだけ美味しくできてくれるんだから、もう十分とも思いますがね(笑)。

ちなみに前回紹介したのは、粉を薄力粉と全粒粉各50gにして、レーズンを刻んだチョコレート50gに、他の材料はすべて倍量にして同様に作ったものです。
こっちも、焼けたチョコが美味しいです♪
posted by ことの at 19:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 自分で作る・おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

林檎ケーキ♪

image/aokurage-2005-03-18T22:45:44-1.jpg某ゼミの追いコンで先生宅にお邪魔するため、手土産に焼いてみました☆
貢ぎ物じゃ貢ぎ物じゃ(笑)。

以前「生活ホットモーニング」で見た上新粉のケーキ。
話題性はばっちりでしたよ☆
奥さんの食いつきがかなり良かった。
レシピ置いて来ちゃいました(笑)。
そんな大層なものでないのにね;;

とっても簡単だし、味も、小麦粉で作ったものと変わりない感じです。
なんてこと無いのですが、油分が1ホールにサラダ油25ccのみで、へるしぃ?
1ボウルで、秤も要りません♪

まず、ボウルに卵を1つ割り入れます。
計量カップで、砂糖2分の1カップ、サラダ油8分の1カップ(!?)も量り入れて、ゴムベラでペースト状になるまで混ぜる!白身の塊がなくなるくらい。
そこに、ベーキングパウダー小匙1(私は分包のものを使ったので、1袋5gでしたが)、上新粉4分の3カップも加えて粉気がなくなるまで混ぜます。ここ、小麦粉と違って振るったりしなくて良いし、練っちゃっても良いんです。
この段階で、生地はロッククッキーか!?ってくらい固いですが、気にせず林檎(いちょう切りにして、塩水にさらしておく)を投入。結構ゆるくなります。
あとは型(直径15cmの丸型を使用)に流して、180℃に予熱したオーブンで40分焼くだけ☆

焼きたては、表面がぱりっとして美味しそう☆
今度は是非焼き立てを食べてみたいものですレストラン




ここで久々のファッションチェック☆★
本日のポイントは、最近買った黒いロングスカートです!
レースが2段に付いていて、シワ加工が施されたもの。
安い割に可愛い!!
そこに、ひらひらブラウスと襟の広めに開いた黒いフリースを重ねてエレガンスぴかぴか(新しい)に(笑)。
髪は後ろで結んで、耳にはイヤリング☆
近頃こういう小物を使うことを覚えました。
長くつけていると痛くて取っちゃうのですけど;
posted by ことの at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分で作る・おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。